子供たちに人気の建設機械ユンボ

Panasonic 32V型 HDD(250GB)内蔵 ハイビジョン液晶テレビ“VIERA”

建設機械ユンボは子供たちにとても人気のある建設機械で、働く車を紹介する絵本などにはユンボは必ず詳細されているくらいで、それだけユンボが子供たちに人気がある証明になりますね。

建設機械であるユンボが、何故子供たちに人気があるのかというと、力強く地面を掘っているユンボが格好良く見えるからで、そういったアニメーションなども放送されていたりすることからも人気があるのです。

建設機械でありユンボであるというのは子供たちにはなかなか認識はされていませんが、それでもミニカーやプラモデルにユンボがあったり、子供向けのゲームセンターには楽しめる乗り物の大きなユンボが置いてあったりもするのです。

様々な工事でユンボが使用されていて、最早、ユンボは建設機械として働く車としてかかせない存在であることも分かりますが、一生懸命地面を掘っているユンボがそういった存在であるというのは幼い子供たちも心ながらに感じていることでしょう。

ユンボは、子供たちに人気がある建設機械として、今後も様々なミニカーやプラモデルとして、そしておもちゃだけでなく、絵本やアニメーションとして登場することもうなずけますし、そういった縁の下の力持ちが愛されるのはとても良いことですね。

建設機械のユンボのアタッチメント

ユンボ建設機械の総称で、実際には油圧ショベル、パワーショベル、バックホーと呼ばれています。それぞれのアタッチメントが別々ですがユンボはこれらのショベルの総称として、多くの人に知られているのです。

建設機械の油圧ショベルであるユンボは、コンクリート構造物の破壊をしたり、トンネル工事などに使用されたり、破砕機としてビルや高速道路の解体に使用されたり、鉄筋コンクリートなどを噛み砕いたりしますし、自動車や航空機の解体に利用されるものもあります。

ユンボはアタッチメントをつけかえることで、油圧ショベルや、パワーショベル、バックホーとしての仕事をするので、アタッチメントを変えるだけで様々な仕事が出来るというのがユンボの魅力です。

ユンボには、それぞれの仕事をするために様々なアタッチメントがあるので、それにあわせた仕事が出来るユンボは万能的な働く車、建設機械という認識をしても良いですし、他の建設機械ではここまで万能に仕事をこなせないでしょう。

アタッチメントが様々なユンボには、色々な仕事が出来るので、ユンボオペレーターも、それに合わせた仕事を覚えるのが大変だということも分かりますが、子供たちにも人気なのも納得できます。

ユンボを取り扱っている建設機械メーカー

建設機械ユンボは、たくさんのメーカーから出されているというのはあまり知られていないと思います。
殆どの人が車での有名な三菱のイメージがユンボにもあるのではないでしょうか。

ユンボという建設機械を取り扱っている、ユンボのメーカーは実は、あまり知られていないだけで、たくさんのメーカーがあるのですが、代表としてあげるならば「三菱新キャタピラ」「日立」「コマツ」の3社です。

3社以外には建設機械のユンボを取り扱っているメーカーはというと「石川島」「クボタ」「コベルコ」「コマツ」「竹内」「加藤」「長野」「古河」「北越」「ヤンマー」「住友」とこんなにもたくさんあるのです。

たくさんのメーカーが取り扱っているユンボは、建設機械の中では珍しくその作業をするに当たっては、作業ごとに様々なアタッチメントが開発されていて、解体には解体用、粉砕には粉砕用と、多くのものがあります。

アタッチメントも幅広くユンボにはあるというのは、建設機械の中でもたくさんのメーカーが取り扱っているからということが考えられますし、これからもユンボが良くなる為にもメーカーに頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

建設機械のユンボの認知度

ユンボは建設機械としてショベルカーとして、多くの人には認知されていて、ユンボというと工事関係者の方には伝わっても一般の方にはなかなか伝わりにくいですが、ショベルカーといわれたら分かるかと思います。

ショベルカーでもあるユンボは、土木工事、建築工事などでは掘るために、パワーショベルが下向きで掬うようになっていると思いますが、破砕などの工事の時には上向きになっているので、違うもののように感じる人もいるかもしれませんが上向きも下向きもアタッチメントが違うだけでどちらもユンボです。